time's848

time's848

食欲の天敵!

食欲の天敵! 「食中毒が多いのは真夏だから、これからの時期は大丈夫!」と甘く見てはいけません。
実は食中毒は10月が一番多く、8月、9月が次いで発生件数が多いのです。これから最も食中毒を起こしやすい時期が到来します。
食べ物が腐ったり、悪くなったりして起こすものだけでなく、これからの季節は、毒素の含まれるキノコやふぐなどの食べ物による食中毒が増えていきます。
秋は、行楽・運動会・お祭りなどの行事が多い季節で、野外での調理、食事の機会も多くなります。また、夏バテで体力が落ちており、体の抵抗力が弱くなっています。
冬場の食中毒はノロウイルスによるものが圧倒的に多いのですが、この時期に多いのはサルモネラ菌や腸炎ビブリオ菌、ウエルシュ菌などによるものです。
秋はイベントも多く、外で食事したり調理したりする機会も増える時期です。衛生面にしっかり気を付けて、食欲の秋を満喫したいですね。